• ミーツ・ザ・福祉って?

     

    2017年から行ってきた「ミーツ・ザ・福祉」。

     

    障がいのある人もない人も一緒になって楽しめる場をつくろう、との思いをもとに、さまざまな人びとが関わりあいながら進めているフェス企画です。

     

    まだ5年目ではありますが、そのプロセスでたくさんの「出会い=ミーツ」が生まれ、障がいがあってもなくてもともに過ごし、楽しめる場づくり・地域づくりが進んできた実感があります。

     

    しかし、昨年よりコロナウイルスが全世界に蔓延しました。

     

    なにができるのか、なにができないのか。

    なにをすべきなのか、なにをすべきでないのか。

     

    実行委員会メンバーも頭を悩ませながら、慎重に検討を重ねています。

    ミーティングさえも会ってしづらい状況の中で、それでもどのように実施できるかを考えています。

     

     

    2021年も大規模開催は見送ります。

    その代わり、小規模のコンテンツを複数企画します。

    これが、ミーツ・ザ・福祉の新しい姿。みなさんに楽しんでいただければ、うれしく思います。

     

    うまくいかないこともあるかもしれない。

    けれど、このチャレンジをみなさんと一緒に共有したい。

     

    「ミーツ・ザ・福祉」というチャレンジを。

    あらゆる人がともに楽しめる、尼崎というまちへ。

     

     

    内容の公開まで、いましばらくお待ちください。

    関わってくださるメンバーは、随時募集しています。障がいのある人もない人も、気になる方はぜひ事務局までご連絡ください。

  • 5/24(月)に「オンライン」で、説明会・意見交換会を行います(緊急事態宣言の延長によりオンライン開催に変更しています)。ご参加される方は、事前にお申し込みをお願いいたします。

  • 「わたしも楽しめるかな?」気になることは、こちらをチェック。

    Q&Aコーナー

    開催が中止になることはありますか?

    コロナの状況によっては、開催に変更がある場合があります。WEBサイトとSNSをご確認ください。

    イベント会場に駐車場はありますか?

    イベントの見通しが立った時点でご案内いたします。

    イベント会場にトイレはありますか?

    イベントの見通しが立った時点でご案内いたします。

    イベント会場はバリアフリーですか?

    基本的には、バリアフリーな会場でイベントを行う予定です。ただし、バリアフリーではない部分がある可能性もあります。イベント当日は、障がいのある方や、福祉にまつわる仕事や活動をしている方がサポートスタッフとして活動していますので、困ったことがあればいつでもお申しつけください。

    情報保障(手話・要約筆記)はありますか?

    手話通訳と要約筆記のスタッフが会場にいます。また、ボランティアスタッフが「ホワイトボード」を携帯しており、視覚障害・聴覚障害の方でも気軽にお声掛けいただくことができるような工夫をしております。その他、詳細について気になる方は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

    子連れでも参加できますか?

    もちろん、ご参加いただけます。お気軽にお越しください。

    そのほか困ったことがあればどうすれば?

    事務局ではいろいろな場面を想定して、可能な限りのもの・ツールを準備しています。本部やスタッフまでご相談ください。
  • これまでのミーツ・ザ・福祉

    ミーツ・ザ・福祉2019

    ミーツ・ザ・福祉2018

  • 共感してくださった方は、ぜひシェアをお願いします。「#ミーツザ福祉」。各種SNSでも情報発信しています。

    SNS

  • 「ミーツ・ザ・福祉」に共感いただき、ご協賛いただいている企業・団体のみなさまです。

    協賛・協力団体

  • 気になることはなんでもご相談ください。

    お問い合わせ

    尼崎市東園田4丁目159-2 メゾンスリーエイト園田102号
    06-6493-6965
    すべての投稿
    ×